Carpenter Additiveの金属パウダーは
世界中の著名な企業で採用されています。

“金属粉末”の視点から積層造形に付加価値を与える。

LPWテクノロジー社(英国)はカーペンター テクノロジー社(米国)と統合致しました。
カーペンター アディティブ(Carpenter Additive)は、米国のカーペンターテクノロジー社が発足させたAM用材料取扱に特化したビジネスユニットです。
詳しくはこちらをご覧ください。

英国LPW Technology社は、金属粉末の一貫した品質のコントロールに関して世界的な評価をいただいております。同社のヴィジョン『Understanding Additive Manufacturing from the Perspective of the Powder』(金属粉末への視点からアディティブ・マニュファクチャリング「金属積層造形」を理解する)に基づき、ものづくり産業の基盤となる「材料」に焦点を当ててプロセスの価値向上に貢献します。

アディティブ・マニュファクチャリングの分野では、金属粉末の品質はとても重要です。造形品の品質は造形プロセス・条件によって大きく左右されますが、金属粉末の品質も確実に造形物の品質に影響を及ぼします。また、金属粉末に関して「品質」を考える際には次のようにミクロな視点からマクロな視点まで求められます。①金属粉末自体の品質(流動性・粒度分布・粒子形状 等)、②金属粉末の使用・保管環境(出荷~リサイクルまでの品質状態、コンタミネーションの防止、湿度影響 等)、③金属粉末の管理データを有効活用したアディティブ・マニュファクチャリング生産管理(粉末バッチの履歴や使用履歴のトレーサビリティ)

上記の品質管理に関して、LPWはアディティブ・マニュファクチャリング用金属粉末の専門家としてお客様が抱えるお悩みの解決方法をご提案致します。各種のプロセス(SLM、LMD、EBM)に対応するために準備された多種多様な金属粉末、出荷からリサイクルまでの品質管理を可能にする管理システムのご提案、そして、ますます高度化する研究・開発をサポートする粉末特性測定も承ります。アディティブ・マニュファクチャリング用金属粉末についてご質問やご要望ございましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

NEWS
2020.07.22
出展情報
第2回 次世代3Dプリンタ展 名古屋 及び Formnext Forum Tokyo 出展のお知らせ
2020.03.23
お知らせ
粉末小分けサービスの開始
2020.02.25
お知らせ
第2回 次世代3Dプリンタ展 幕張でのご対応に関するお知らせ
2020.01.15
出展情報
TCT Japan 2020 及び 第2回 次世代3Dプリンタ展 幕張 出展のお知らせ
2020.01.14
News Letter
ケーススタディピニオンギア
2020.01.06
News Letter
ケーススタディ 医療機器用合金開発